お知らせ

前日からの小雨も一段落し、毎年恒例となっております中条の林道整備(草刈り等)が行われました。峰薬師城跡や陣ヶトド城跡、大井田城跡へのアクセスとなるこの道も重要な中条地区の財産です。

陣ヶトド城付近 草刈り前

道中は、大雪による倒木などもあり、所々で道が狭くなっておりましたが、それらもすべて除去し、通行が可能なようになっております。

作業の様子
駅のホームから撮影 奥に小さく見えますが実は大きいです

十日町市の復興支援事業を活用して、中条地区をPRするべく、魚沼中条駅前に大きな看板を設置しました。

拡大図 国宝出土地の笹山遺跡の最寄駅です

列車からは、国宝火焔型土器郡の出土地であることをPRするべく、シンプルかつ大胆にデザイン。

裏側 中条地区のマップです

裏側には中条地区のマップを描きました。
今後、スポットが追加されるごとに賑やかになっていく予定です。まさに「進化するマップ」です。

ある日、突然進化しているかもしれません。

中条地区の散策に使用できるように下記のリンクからダウンロードできます。ぜひご活用ください


草刈り後。このあとこれらを片付けます。

林道の夏の整備作業が7月に行われました。コロナ渦の中、中止も検討しましたが、維持作業は中止するわけにいかないのと、屋外であることと、大人数が密集することもないことから、執り行われました。

ほぼ山頂部分での作業の様子

早朝ということもあり、一部霧が立ち込める中での作業でしたが、事故もなく無事に終わらせることができました。

第7回縄文川柳大会につきまして、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、9月12日(土)に予定しておりました川柳大会の表彰式を中止することといたしました。
何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

なお、当選句等の発表は準備が出来次第、地元報道各位または本ホームページ にてお知らせいたします。

当ホームページを担当する事務局は見てしまいました。






最初は「幻か?」と自分の目を疑いました。





新型コロナウイルス感染症の関連で「アマビエ」という言葉は聞いたことがある
のですが、そもそも「アマビエ」とは何ですか?








妖怪らしいのですが、「流行り病がでたら対策のためにわたしの姿を描いて人々にみせるように」と言ったらしいです。






中条地区のどこかで見たんです。









ほら、

中条地区の某所にて

病魔退散、油断大敵、三密回避


一刻も早く、疫病がおさまることを祈るばかりです。

春の整備作業の様子

林道は春と夏に地域の方々で整備作業を行います。

これをしないと、せっかくの山道が廃道になってしまいます。地域の資源は地域で維持します。

新型コロナウイルス感染症のあおりをうけて作業が危ぶまれましたが、これをしないと後でもってもっと大変とのことと、十分に距離を取ることを心がけることで実施をしました。

新型コロナウイルス感染症が全世界で猛威をふるっております。
中条地区でも下記の通り行事の変更を予定しております。

(令和2年4月8日現在)
中条地区振興会 総会  中止
春の林道整備作業    実施予定
第21回笹山じょうもん市 中止

これ以降の予定については未定です。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中条地区振興会では3月2日に予定していた「地域と学校をつなぐ学びの場作りフォーラム」や3月14日に開催を予定していた「中条底力サミット」というイベントがやむなく中止の運びとなりました。しかしながら、中条底力サミットに参加予定の立教大学の阿部治教授とその生徒さんたちが中城を訪れてくれましたので、イベントの代わりに笹山縄文館にて土器チョコ作りやミニ土器作りのほか、ミニ講演会を行いました。

ミニスライドショーを見ています


杜の朝っぽく高龍神社

今年も中条地区振興会をどうぞよろしくお願いいたします。

雪が少なく、地面が見えていますが、降雪により見えなくなると思います。

10年後、20年後の地域の未来のためになにが今できるかを考え、次の一歩を踏み出すべきか。

当日の様子

行政が今まで担ってきた役割が今、大きく変わろうとしている。

次の時代のためになにが今できるかを考えることである。

地域活動の活性化、次の時代の地域活動のために中条地域協議会が主催で盛大に開催しました。当日は50人近い多数の方が講師の話を真剣に聴いていました。

グループワークの様子

当日は外は寒かったのですが、熱い議論が交わされました。明日からがんばります!